どうなるベル

 ダンジョンに出会いを求めているのは間違っているだろうか第7話の感想。

 

 朝帰りした事で、歓楽街に行った事がバレたベル。

 怒髪天を突かんばかりに怒るヘスティア

 何をしていたのか問いただす姿は、まるで浮気した夫を追求する妻の様であった。

 ベルは何もしていないと言うが、怒りが収まらないヘスティアから近所の掃除をする様に命じられた。

 ヘスティアの説教を受けて落ち込むベル。

 ããã³ã¸ã§ã³ã«åºä¼ããæ±ããã®ã¯ééã£ã¦ããã ããã2æï¼è©±ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 そのしょんぼりする姿は、まるで兎が落ち込んでいる姿が幻視した。

 掃除をしていると、子供が遊んでいる姿が目に入った。

 遊びの内容は怪物に攫われた姫君を助ける英雄というごっこ遊びであった。

 その遊びを見て、ベルは遊郭に居る春姫を思い出した。

f:id:nokuta-n:20190824154125p:plain

 自分が何も出来ない事を感じながら掃除をしていると、ファミリアの仲間達が掃除を手伝ってくれた。 

 ベルは掃除をしながら命にどうして歓楽街に行った事を訊ねた。

 命は知り合いにの狐人を探していると言うと、ベルは春姫の名前をあげる。

 それを聞いて心底を驚く命。

 ベルは春姫の事を話した。話を聞き終えた命は忘れてくれと言う。

 同じ頃、ヘルメスが『豊穣の女主人』の店主のミアの下に行っていた。

 フレイアに伝言を届ける為に。

 イシュタルの魅了でベルの事を話してしまった事を伝える為に。

 フレイヤがベルにご執心な事を知っていながら。

 もし、直接自分が行ったら殺されると思い伝言を頼んだのだ。

 偶々通りかかり、その話を聞いた『豊穣の女主人』のウェイトレスでベルとも親しくしているシルは笑顔でヘルメスにどういう事なのか問いただした。

ããã³ã¸ã§ã³ã«åºä¼ããæ±ããã®ã¯ééã£ã¦ããã ããã2æï¼è©±ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 笑顔なのに迫力があり怖いと思った。

 イシュタルファミリアについて何か情報が無いかと思いギルドに訊ねたベル。

 丁度、自分の専属アドバイザーのエイナと出会い話をする事となった。

 歓楽街に行き朝帰りしたという話しを聞いたエイナは顔を真っ赤にしながら、もう行ったら駄目だと言う。

 ããã³ã¸ã§ã³ã«åºä¼ããæ±ããã®ã¯ééã£ã¦ããã ããã2æï¼è©±ãã¨ã¤ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 そして、イシュタルファミリアの団員の情報を提供する。

 団長のフリュネが本作のヒロインでもあるアイズを負かしかけたと聞いて驚くベル。

 更にアイシャと春姫が団員いるかどうか尋ねた。

 エイナはアイシャは居るが、春姫は居ないと聞くとどうしていないのか疑問に思うベル。

 エイナはイシュタルファミリアについて危険性を解いた。

 ベルもそれを聞いて、イシュタルファミリアから距離を取ろうとした。

 ベルは本拠に戻る途中で本屋に寄り、英雄譚物語の本を取った。

 目を通した話は勇者が自分の名誉を回復させる為に娼婦を斬ると言う話だ。

 春姫を助けたいと思う一方で、娼婦は破滅の象徴という事を知っているベルは如何するべきか悩んでいた。

ããã³ã¸ã§ã³ã«åºä¼ããæ±ããã®ã¯ééã£ã¦ããã ããã2æï¼è©±ãå½ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 その夜。春姫は客呼びの為に顔出していると、命が春姫に声を掛けた。

 だが、春姫は人違いだと言って店の奥ヘと引っ込んで行った。

 翌日。命はベルに春姫に会った事を告げた。

 春姫に拒絶されて落ち込む命。

 それを見て励ます意味を含めて、ベルは春姫がどんな子なのか訊ねた。

 自分が居た極東での暮らしぶりと、春姫が高貴な家の出だという事を教えてくれた。

 ããã³ã¸ã§ã³ã«åºä¼ããæ±ããã®ã¯ééã£ã¦ããã ããã2æï¼è©±ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 屋敷の中でつまらなそうな顔をしているという春姫をタケミカヅチファミリアの主神であるタケミカヅチが命達に春姫を屋敷から連れ出す様に命じると共に恩恵を授けた。

 命達はその恩恵のお蔭で春姫を屋敷へと連れ出して、一緒に遊びまわった。

 その後。命達は極東を離れたが、春姫が人買いに売られたという噂を聞いた。

 今迄は何処に居るのか分からなかったが、今自分達が居る所に居るのが分かり助け出したいと力強く言う命。

 それを聞いたベルは協力を買って出た。

 どうやって助け出そうか話そうとしている所にヘルメスが姿が見せた。

 ヘルメスの姿を見るなり、ベルは春姫の事を相談した。

 相談を受けたヘルメスは身請けするという話をベル達に話した。

 身請けする為には金が掛かるが、ベル達が頑張れば稼ぐ事が出来る金額だったので頑張ろうとお互いを励ました。

 ヘルメスはその身請けする娼婦についての特徴を訊ねると、命が春姫の特徴をはなしだした。

 それを聞いたヘルメスは驚愕した。

 口籠りながらヘルメスがベルが歓楽街に行った理由を話した。

 イシュタルに『殺生石』というアイテムを届ける為に行った事を。

 そのアイテムの名前を聞いても、どんなアイテムなのか分からず首を傾げるベル達。

 

f:id:nokuta-n:20190824163451p:plain

 その夜、イシュタルが自分のファミリアの団員達にベルを攫う様に命じた。

 ライバル視しているフレイヤがご執心だという事で当てつけに自分の虜にする為に。

 イシュタルファミリアの団長であるフリュネが襲う場所を決める。

 それを黙って聞くアイシャ。

 その顔は何か言いたそうな顔をしていた。

 翌日。

 ベル達はダンジョンに潜った。

 春姫の身請け金を稼ぐ為に。順調に魔物を倒していくベル達。

 此処の所は原作とは違っていた。

 原作では高額な冒険者依頼で罠を仕掛けるという話であった。 

 アニメではベル達の待ち構えていた。

 そろそろ、襲撃時間になったのでアイシャは同行している者の魔法で強化される。

 ベル達は大量の魔物に襲われて、ベルは仲間たちと分断される。

 其処にアイシャがやってきてベルを捕まえる。

 そして、戦闘になるベルとアイシャ。

 同じレベルの筈なのに圧倒されている自分に驚くベル。

 其処にアイシャの一撃をくらい倒れるベル。

 アイシャは止めとばかりに一撃を見舞った。

 

 

サーティワン シーズンフレーバー ミッドナイト アップル